ドーベルマンとフェレットとカエルとヤモリの楽しい肉食動物園 千葉県在住
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月20日の午前4時、ガルは虹の橋へ旅立ちました。

血尿が出てから、半月頑張りました。

わずか半月の間に寝たきりになり、排泄も自力では難しくなって、ご飯や水さえもシリンジであげるようになりました。

本当にあっという間でした。

ちゃんと私もまさブーもいるときにいってくれました。

ガルがうちに来てくれて良かったです。

楽しい13年間でした。

本当にありがとう、ガル!

DSC_0194.jpg

いままで、出会ったお友逹みんなありがとうございました。。。まさブーより
スポンサーサイト
まだ、見てくれる方がいるかわからないけど、お久しぶりです。(苦爆)

13歳の誕生日から2か月弱、ガルはただいま闘病中です。

1月の脳梗塞(たぶん)以来、足腰は弱ってるものの元気でした。

6月にふたたび軽い脳梗塞。

治療のために脳圧を下げる点滴を2日間とステロイドの投与を2週間。

その間、胸にできてるできものに細菌が繁殖したらしく、膿んできたため抗生物質を投与。

経過を見てる最中の7月5日の朝に赤ワインのような大量の血尿を出しました。

その日のうちに病院に駆け込み検査。

検査の結果、異常に多い白血球と異常に少ない赤血球・・・

診断は免疫介在性溶血性貧血。

何らかの理由で免疫機能が異常をきたし、赤血球を攻撃して壊す病気だそうです。

通常60~150の白血球が900、PCVが37~55なきゃいけないのに14.3しかない極度の貧血。

すぐさま免疫抑制剤やステロイドの投与を始めたんですが、白血球は減ったものの赤血球はまた下がり12.3に・・・

輸血のことも言われたんだけど、大型犬のため大量の血がいるのと、輸血しても治るわけではないので見送りました。

最初は食欲もあったんだけど、何も食べなくなっちゃって…

あんなに食いしん坊だったのに…

でも、今は少し食べてくれるようになりました~

ロイヤルカナンの退院サポートっていうレバー中心のどろどろの缶詰にヤクルトを混ぜると食べることを発見!

ナイスヤクルト!

最初はシリンジで強制給餌をしてたんだけど、そのうち少しずつ舐めるように。

あと、後ろ足が動かなくなりました。

ほぼ寝たきりです。

血尿も止まらないし、貧血のため呼吸困難で見てるとつらい…

ガルのほうがつらいと思うけど…

年齢的にも覚悟をしなければいけないと思ってますが、そんな簡単に受け入れられないよね…

なるべく後悔の無いように、できることはやっていこうと思ってます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。